@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

鳥人間コンテスト2017

プラットフォームに続く花道への入り口で待機中の早稲田大学 宇宙航空研究会 WASA

7月29〜30日の覚え書き。記念すべき第40回という回を迎えた、今年の鳥人間コンテストを観戦しに行って来ました。人力プロペラ機については、昨年まであったタイムトライアル部門が無くなってしまい、飛距離を競うディスタンス部門のみ2日目に行われるというので、もともと金曜夜から2泊の予定だったところを変更してコンフォートホテル彦根には土曜夜のみ1泊することに。金曜午後の新幹線で彦根に向かい、夕食はもちろんちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店で(謎

日曜は朝から雨が予想されたため、どうしようか迷ったのですけど、例年のごとく徒歩で松原水泳場まで移動し砂浜をテトラに向かって歩きながら組み立て中の機体を眺める......というのを諦め、5時に彦根駅を出るシャトルバスの始発に乗って移動。花道の入り口近くにあった、屋根付きの休憩所に居場所を確保できたので、そこで雨宿りをするうち今年はもうそのままそこから(つまりプラットフォームのほぼ真後ろに近い位置から)観戦することにしました。純粋にそれがラクだし、新鮮だったから。

一時は落雷の危険から休憩所を追い出されそうになったものの、しぶとく自己責任で同じ場所に居座り続けるうち、天候は徐々に回復。予定よりほぼ2時間近く遅れての競技開始でしたが、概ね快適に観戦できました。コンビニに行く機会がなかったので、朝飯も昼飯も抜きで午後のWASAのフライトを見届けるまで湖岸にいたのはちょっと辛かったけど。機体が視界から消えてから情報が入ってこないのはテトラで見るのと大差ないものの、休憩所を(トイレに行くので)出てからも曇り空と樹木のおかげで午後になっても日差しを避けることができたので。

撮った写真はBirdman Rally 2017 | Flickrにまとめています(飛行距離や着水位置が明らかにわかるようなものはオンエアが終わるまで非公開設定にしてあります)。個別のフライトの感想については、8月23日のオンエア後に改めて書く......かもしれません。

現在地:ホーム > 覚え書き > 月別アーカイブ > 2017年7月 > 鳥人間コンテスト2017
Google カスタム検索を利用しています