@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

小谷美紗子 20th Anniversary Special LIVE 「両手にウヘヘ祭り」

チケットの整理番号は13と早かったものの、早退するわけにもいかず、開場時刻の18時きっかりに退社して参加をした、小谷美紗子 20th Anniversary Special LIVE 「両手にウヘヘ祭り」。恵比寿リキッドルームに着いた時点で、フロアの前から1/3くらいが既に人で埋まっていましたが、奇跡的にステージ向かって左端のほう、前から2列目に立ち位置を確保。

終わってみれば、あっという間の2時間40分でした。夕飯を事前に済ませる余裕は無かったのに、途中空腹を感じることもなく(ワンドリンクのジントニックは口にしてたけど)、40代半ばのおっさんにオールスタンディングは辛いかなと思っていたけどさほど辛さも感じず。まぁ凄かった、語彙が貧弱なのはさておいても、ただひたすら凄かったとしか形容し難い時間。いったい何度、鳥肌が立ったことか!!

デビュー以来、一貫して歌を聴き続けている(そしてライブにも参加し続けている)点で唯一無二のアーティスト、小谷さんの20年間に及ぶキャリアの過去と今を自由自在に行き来するかのような(いや冒頭、5歳の頃の歌声の録音を聞かせてもらえたから、もっと長いあいだの音楽遍歴を行き来した?)、夢のような時間でした。そしてそれは同時に、自分自身の過去20年間の時間旅行でもあり......強烈な体験でありました。アンコールラストの『見せかけ社会』では、シアトルに住んでいた頃を強烈に思い返してみたり。

そんなわけで、終わってしばらくは軽く呆然としてしまったというか、いつもライブ後に感じる余韻とはちょっと違う、言語化できない特別な何かを感じました(放心状態?)。これだけ素晴らしいミュージシャンが一堂に集まり、小谷美紗子ワールド全開の曲の数々を、次から次へと今夜限りのアレンジで繰り出されてしまったら、そりゃ伝説の目撃者にでもなった気になるというものです。いや間違いなく、今夜のライブは伝説となったはず。

オープニングはまさかの梶木良子さんのピアノによる『悲愴』だし、今朝に予習したばかりの『火の川』から始まるし、途中しっかりデビュー曲『嘆きの雪』は聴けたし、初ライブとなるta-taの編成で『ひこうき雲』のカバーは感動したし、アンコール前のフルメンバーでの『忘れ日和』はドチャクソ格好よかったし、初めて目にした佐藤準さんは背が高くスラッとしていてピアノを弾く姿が決まってたし、あぁもう何を書き残せばいいのかよく分からないくらい密度半端ない。DVDでもCDでも何でもいいから、今夜のライブを復習できるようにして欲しい(涙

会場入口に飾られたお花

Diigo Bookmarks 10/16/2017

  • "Inspired by Steve Wozniak, co-founder of Apple Computer, Woz U provides a personalized approach to coding and tech education designed to get you through the curriculum faster so that you can get into the workforce quicker, and start changing the world. Just like Steve did."

    tags: education webdev

  • "sliders are complicated enough of a UI component that it's use JavaScript territory. Flickity being a fine example. I'd also say that you can get pretty far with a nice looking functional slider with HTML and CSS alone."

    tags: webdev css html

  • "A design system offers a library of visual style, components, and other concerns documented and released by an individual, team or community as code and design tools so that adopting products can be more efficient and cohesive."

    tags: design_system

  • "Since viewports vary in size indefinitely, the length of a line can quickly become too long (or too short). Here's a couple of possibilities to handle this, Daft Punk Style"

    tags: rwd css

  • "Accessibility is not simply a way to meet legislation or avoid litigation, but a fundamental aspect of a user’s experience of the organization’s digital space. Libraries should integrate accessibility concerns into the larger picture of user experience to benefit all users, not just those with assistive devices."

    tags: accessibility

  • "The Hamburger menu was typically placed the top left of the screen, so trying to reach that menu was even more frustrating. And with a much taller screen, there were no longer a fight to find space for content. The Tab Bar is now the obvious choice to replace the Hamburger menu, since we can afford the space."

    tags: ios iphone design webdesign

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

中学受験志望校合格・親子の受験ハンドブック

Kindle版が無いので仕方なく、紙で『中学受験志望校合格・親子の受験ハンドブック―"現在(いま)"から"直前45日"の過ごし方〈2018年度〉』を読みました。基本的には日々の勉強は塾の方針に従って進めているのですけど、2月頭の受験本番に向け残り時間が少なくなってきたなか、親の立場で取り組むべきこととか必要な知識について整理できればと思い購入。

正直、期待したほどのお役立ち感は得られなかったのですけど、いくらか気休めは得られた感:

  • 十二月中旬までには大手塾の模擬テストは終わりますが、そこから本番の試験まで、まだ一ヵ月半もあるのです。それだけの時間があれば、自分の志望校に合わせた勉強で得点力を上げることはいくらでもできる
  • 伸びる子は、ほんとうに本番の入学試験の前日まで力を伸ばしていきます
  • だいじなのは今の実力より入試当日の実力
  • 可能性が30%あれば十分勝負になる
  • ほとんどの中学校は、受験生の大半が合格最低点ぎりぎりのところに分布

まぁでもだったらなんで自分のときはあんな激しく失敗というか全滅したのかなぁと思わなくも無い。塾の教え方と反りがあってなかった、かといって自分にあった勉強法を見つけられたわけもなかった、塾のクラスの中で苦手な子がいてちょっとしたイジメに遭っていた......言い訳は複数挙げられるけれど、よくわからない。この学校に入学したい、っていう気持ちを強く持てなかったというのは、今思えば大きな要因だったかもしれず、その点はまだ息子は改善できている方だと思われ。

志望校については、多少でも合格の可能性があると思ったら安易に変更せず、目標に向かって努力をすることがだいじなのです。どうぞ、お子さんの可能性を信じてやってください。
「合格できるかどうかあやしいから志望校を変更しよう」などというのは、お子さんの将来の可能性の芽を摘んでしまうことにもなるのです。

いや全く、それはそうでしょうね。仮に全滅したところで人生が終わるわけでもなし、というのは父親である自分が身を以て証明できているつもりだし、全滅を恐れず思い切って挑戦し、結果を受け入れてくれればそれでいいと思っていて。これを書いている今現在も、彼は四谷大塚の合不合判定テストを受験しているのですが。ガンバレ。

Diigo Bookmarks 10/15/2017

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています