@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

小谷美紗子 弾き語りTOUR「MONSTER」仙台公演

会場で小谷さんが演奏に使ったピアノを自席から撮影

6月10日の覚え書き。午前中の会議終了後、午後半休をいただいて仙台へ。デビュー20周年を機にリリースされた小谷美紗子さんの弾き語りベストアルバム、『MONSTER』発売記念ツアー2日目の仙台公演に参加するためです。会場のcafé Mozart Atelier、実は2013年に一度足を運んでいて(遊佐未森天文台コンサート ~銀河歌集 Vol.4~参照)、その時の記憶から絶対に素晴らしいライブになると確信していました。

直前まで勤務先の仙台オフィスにお邪魔して、ほぼ開場と同時刻にcafé Mozart Atelierに着いた時には30人ほど?の列ができていたけれど、チケットに印刷された整理番号順に入場できるというので、前の方に入れさせていただけました(自分は9番)。会場の前半分は、デザインもサイズもバラバラなソファが並べられていたのですが、自分は最前列のステージ向かって左端、小谷さんを背後から見るような位置のソファを選択。とにかくピアノに近い!!ビール(レーベンブロイ)を飲みつつ、気持ちを落ち着かせて開演を待ちます。

ネタバレになるのでセットリストは書かないでおくけれど、構成には驚かされました。そりゃ『MONSTER』発売記念ツアーなんだし、さもありなんとは思ったけれど、しかし凄い構成だったなと。そしてアルバム未収録・未発表の曲ではあるけれど、過去のライブで耳にしていた『忘れ日和』という曲がとても印象に残りました(力強いピアノの音色が、未だに頭の中に響き続けている)。30日の東京公演も行く予定なので、その時に再度『忘れ日和』が聴けることを強く期待したい。あとはやっぱり、仙台の地で『3月のこと』が聴けて良かったです。それも、わざわざ遠征しようと思った理由の一つだったから。

今回、会場的にハケる場所が無かったこともあり、本編が終わってからも小谷さんは退場することなくそのままMC、その後アンコールへという流れだったのですが、ソファに座り会場と相対する感じでハンドマイクを持ってMCをするというのは珍しかった気がします。椅子に座った状態では、足が床につかず若干プラプラしてたのも、絵的にすごく良かったと言うか小谷さんらしいというか......。その時の(最後の)MCではなく、途中のMCでだったと思うけれど、カバーアルバムの可能性に言及していたのはちょっと楽しみ。是非、デビュー20周年記念の一環で実現していただきたい。

現在地:ホーム > 覚え書き > 月別アーカイブ > 2016年6月 > 小谷美紗子 弾き語りTOUR「MONSTER」仙台公演
Google カスタム検索を利用しています