@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000
覚え書き、それはいわゆる日記的なもの。月別アーカイブもあります。

Diigo Bookmarks 06/26/2019

  • The Anatomy of Accessible Forms: Error Messages | Deque

    "Now that we understand a bit about placeholders, required fields, and creating accessible forms using native HTML, let's look at form validation and error identification."

  • Usablenet - Midyear ADA Web & App Accessibility Lawsuit Report [BLOG]

    "The rate of lawsuits filed in federal courts related to website and app accessibility has now hit a rate of one-an-hour, that's 8 a day, 40 per week and set to be on pace for over 2,000 lawsuits again this year."

  • Why I don't use web components - DEV Community

    "The biggest frustration of all is that we already have really good component models. We're still learning, but the basic problem -- keep the view in sync with some state by manipulating the DOM in a component-oriented fashion -- has been solved for years."

  • Converting divs into accessible pseudo-buttons - Ben Frain

    "This post attempts to take you through the steps of how to, in some ways, convert an unopionated HTML element into a accessible 'pseudo-button', and hopefully convinces you to just use a button."

  • Beginner's Guide to Variable Fonts: Part 1 | Viget

    "Variable fonts allow us as designers and front-end developers to create highly responsive and engaging interfaces that also cut down on load time. The best part? They're super easy to use. Essentially, variable fonts are one font file that behaves like multiple font files."

  • The Simplest Ways to Handle HTML Includes | CSS-Tricks

    "It's extremely surprising to me that HTML has never had any way to include other HTML files within it. Nor does there seem to be anything on the horizon that addresses it. I'm talking about straight up includes, like taking a chunk of HTML and plopping it right into another."

ドキュメント 滑落遭難

Kindle版のヤマケイ文庫が値下がりしていたのを機に、『空飛ぶ山岳救助隊 ヘリ・レスキューに命を懸けた男、篠原秋彦』と同時に購入して読んだのが『ドキュメント 滑落遭難』。著者は、いずれも同じ羽根田 治 氏。ゆっくりとしかし確実に、今年も北アルプスにお出かけする時期が近づきそわそわしてきたので、遭難しないためのイメージトレーニングにと思って読みました。

それでも転滑落事故は起こる。ベテランであろうが初心者であろうが関係ない。ちょっとした不注意や油断が命取りになってしまうのが転滑落事故なのだ。

よく言われるのが、本当に危ないところでは事故は起こりにくく、そういう箇所を抜けた先の「なぜこんなところで......」という場所で事故は起こるという。まさに、気を張り終えた直後の油断なり慢心が、転滑落を呼び起こしてしまうのだろうと思います。

入山中つねにテンションを持続するのは疲れるし不可能であるので、自身の精神コントロールが重要。

常々、山歩きが自身にとって一種の精神修行のような側面を持って感じられるのは、上記が理由であるところが大きいように思いました(加えて臨機応変さ、柔軟な判断が一挙手一投足に求められるところも)。なので、精一杯気を張るところと緩めるところ、緩急のつけ方みたいなものは、おかげさまでだいぶ身につけつつあるような。

万一の事故が起きてしまったときに、少しでも金銭的負担を軽減してくれるのが山岳保険なのである。山岳保険は決して自分のためだけのものではない。家族や仲間にかかってくる負担を減らすためのものでもあるのだ。

偶然にして本書を読んでいるのと同時期に、嫁さんと話していて山岳保険に入った方がいいよとか、GPSを持ち歩いて欲しいとかいう話をされて、微妙にシンクロニシティを感じた次第。自分の場合は年間を通じて入るよりスポット的に加入するタイプが良さそう。あとGPSについては多分ココヘリのことを言っていたんだと思うけど、前向きに考えたい。

「道に迷った場合はすぐに引き返す」という山登りの行動原則を守ることは、道迷い遭難だけではなく転滑落遭難を防ぐことにも繋がる

道迷い、自分も何度か経験があります。その都度、ちゃんと引き返して目印なり足跡なりを探すなどして事なきを得ているけれど、今後もしっかり気をつけたいところ。加えて、本書でも何度か言及がなされていますが登山計画書の作成、提出、共有の重要性を再確認した次第。万が一のことが起きたとき、少しでも早く発見してもらえるように......。

Diigo Bookmarks 06/23/2019

  • Darkmode.js

    "This library uses the css mix-blend-mode in order to bring Dark-mode to any of your websites. Just copy paste the snippet and you will get a widget to turn on and off the dark-mode. You can also use it without the widget programmatically. The plugin is lightweight, built in VanillaJS. It also uses localstorage by default so your last setting will be remembered !"

  • Group Labels Do Not Guarantee... Uniquity? | Adrian Roselli

    "Do not rely on a group label to provide a unique accessible name for text fields that otherwise have the same accessible name. Even the heuristics built into screen readers to get around terrible developer habits will not save all your users."

  • Writing HTML in HTML

    "HTML is a pain to write! But the solution, I argue, isn't to use other languages that are then trans­lated to HTML (we've seen above how many problems that causes); the solution is to use better editors."

  • User Experience vs. Customer Experience: What's the difference?

    "Customer experience (CX) is a term commonly used to define UX over long periods of time."

  • An Introduction to ARIA States | a11y with Lindsey

    "aria-hidden only hides elements from screen readers, while hidden hides from everyone."

  • Automation for Designers: An Introduction - UXcellence

    "The tools to automate our workflow can range from apps to built-in OS features to web services. Below are a few of the most common tools, but as we flex our automation muscles, we can uncover a lot more."

  • Designing For The Future With Voice Prototypes -- Smashing Magazine

    "Human-computer interaction has never been about graphical user interfaces. First and foremost, it has always been about communication. It's evident that voice will be a natural way for the new generation of users to interact with technology, and as a designer, you should be ready for these new challenges and the opportunities they unlock for new ways of looking at interaction design."

空飛ぶ山岳救助隊 ヘリ・レスキューに命を懸けた男、篠原秋彦

穂高小屋番レスキュー日記』で言及されていた、日本におけるヘリコプターレスキューの第一人者、故・篠原秋彦氏の伝記のような書籍『空飛ぶ山岳救助隊 ヘリ・レスキューに命を懸けた男、篠原秋彦』を読みました。

享年五十四。篠原氏がレスキューに出動した現場はおよそ一七〇〇件、命を救った登山者は一〇〇〇人以上を数えるという。

本当に、惜しい人を失ってしまったものです......本書を読んで初めて知ったのですけど、東邦航空は篠原氏の亡き後、ヘリコプターレスキューから手を引いてしまったのですね。

その後、何度か事故が続いたこともあって、東邦航空は山岳遭難救助の表舞台から事実上、姿を消している。代わって、県警ヘリや防災ヘリなどが救助活動の多くを担うようになっていった。

そういえば前穂〜奥穂〜北穂 縦走 2017秋で岳沢小屋にいたとき比較的間近に目にした救助活動(このとき収容された方がお亡くなりになったことは後になって知りました)は、長野県警のヘリでした。篠原氏の遺志は、姿形を変えながらも山岳救助の現場には根付いていると、信じたいものです。本書では、さまざまなエピソードを通じて氏の人となり、山小屋への荷揚げ業務やヘリコプターレスキューの実際が詳細に綴られているのですけど、中でも興味深かったのが

上手なパイロットと下手なパイロットでは、同じ機体で同じ重量の荷物を運んでくるのに、倍以上時間が違う。

というくだりね。それだけ差がつきやすい、特殊な(=難易度の高い)空域を飛ばさなければならない仕事なのだということを、改めて思い知らされました。本書でちょっと残念だなと思ったのが、何箇所か、決まって「噛」という漢字が文字化けしていたこと(例えば「?みしめて」といった具合)。原因がどこにあるのかわからないけれど、少なくとも何かしらのチェックで抜け漏れてしまっているのではないかと。

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています