@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

Diigo Bookmarks 09/19/2018

  • Exploring WCAG 2.1 -- 2.2.6 Timeouts -- Knowbility

    "Warn users of any activities that have a time limit before the user task begins. Include the idle time limit before the user will lose entered data due to inactivity. By providing this warning, sites can avoid saving in-progress data for 20 hours or more."

  • Revamp. -- Ethan Marcotte

    "this new governance model doesn't change the underlying, more fundamental issues: specifically, Google's use of its market dominance to broaden AMP's adoption, and to influence the direction of a more decentralized and open web."

  • An open governance model for the AMP Project - Accelerated Mobile Pages Project

    "Encourage a wider variety of voices at all levels of contribution, including code contributions, setting the future direction of AMP and deciding which features and bug fixes should be worked on. This also means ensuring that the voices of those who do not contribute with code, but are nonetheless impacted by AMP, get heard."

  • The dialog element | Viget

    "Let's talk about pop-ups. And modals, overlays, or anything else you like to call them (remember Lightbox?). Despite user experience concerns, these elements remain popular on the web. But technical implementations can be wildly inconsistent."

  • Chromium Blog: Chrome 70 beta: shape detection, web authentication, and more

    "Also enabled by default are macOS's TouchID and Android's fingerprint sensor via Web Authentication. These allow developers to access biometric authenticators through the Credential Management API's PublicKeyCredential type."

  • Best Practices for Background Videos | Viget

    "When encountering large scale animation and movement on the web, people with visually-triggered vestibular disorders commonly deal with feelings of motion sickness, like dizziness, nausea and headaches. Fortunately, iOS provides an accessibility setting for "Reduced Motion" and this can be accessed via the media query prefers-reduced-motion in CSS and JavaScript."

APLシンポジウム「伝統を未来へ、組版の国際化」

公演中のfantasaiさん

慶應義塾大学で催されたイベント、APLシンポジウム「伝統を未来へ、組版の国際化」に参加しました。本当はW3C Workshop on Digital Publication Layout and Presentationに参加したかったところですが、さすがに丸二日を同イベントに費やすのは難しく、少しでもfantasai氏とRichard Ishida氏のお話が伺えればと思って。結果的にお二人の他にも大変興味深いお話が伺えたし、とても有意義でした。会場は書籍・出版・印刷系の方が多い印象で、微妙にアウェー感を覚えました。

Richard Ishida氏のお話で興味深かったのは、Language matrix。そこで取り上げられているのはたかだか60言語なのだけど、世の中には数百という言語をサポートしているWebサイトもあるわけで(自分の翻訳記事、世界で最も多言語対応の進んだWebサイトとは?(2018年版)参照)、道のりは遠いなぁと。さまざまな言語における改行ルールのお話も、そんなん知るかーい!!のオンパレードで面白かったです。

Florian Rivoal氏の講演、電子書籍レイアウトワークショップ報告では紙媒体とWeb媒体の対比を「絵より、像」という比喩で説明されていたのが印象的だったかな。環境に応じて姿形は変わり得る......ということなのだけど、その媒体特性自体をデメリットと見るかメリットと見るかで、だいぶスタンスが変わりそう(紙媒体寄りの方はどちらかというと同一性保持の観点からデメリットとして見ていそうという偏見が僕にはあります)。

fantasai氏の講演、Designing CSSはWebのもつ素晴らしさ、そしてそれを支えているCSSの優れた特性というのを再認識させてくれました。なかでもFundamental Goal of the Web = Accessibility of Informationという言い切りは、アクセシビリティおじさんとしては大変心強く感じたフレーズ。途中、懐かしのCSS Zen Gardenが引き合いに出されたのだけど、同一のコンテンツに全く異なる表現をもたらすというのを例示するにはいまだに同サイトが優れているということだろうなと。

ちなみにRichard Ishida氏には、休憩時間にご挨拶させていただきました。氏の活動は本当に貴重かつ素晴らしいと思っているし、その知見には常に圧倒されまくってきたので、ちゃんとお話できてよかったです。またfantasai氏とはイベント終了後にお話して、最近個人的に気になっているCSS in JSを巡る議論についてどう思っているか伺いました(概ね予想していた回答が返ってきて満足)。驚いたのは、彼女を見かけた記憶のあるTPAC@Bostonでの話をしたら、ちゃんと当時の様子を覚えていたこと......2007年のことなのに(汗

Diigo Bookmarks 09/17/2018

Fw: 【水曜どうでしょう】『1/6の夢旅人2002/樋口了一』【covered by ツヅリ・ヅクリ】

自分はまったくテレビを見ないので、『水曜どうでしょう』という番組も当然一度も見たことはなく、植木さん(誰)がそれをモチーフに制作されたWebアクセシビリティ関連動画があるのを知っている程度。だったのですが、ツヅリ・ヅクリさんが公開された最新のカバー動画、【水曜どうでしょう】『1/6の夢旅人2002/樋口了一』【covered by ツヅリ・ヅクリ】で歌われたのが同番組のエンディングテーマだったということで、ちょっと興味が湧きました。

いちおう原曲?と聞き比べてもみたのだけど、ツヅリ・ヅクリさんバージョンのほうが好きかなぁ、贔屓目たっぷりではあるけど。アコースティック感、透明感がすごく曲調とマッチしている感じがして。歌詞は......まぁ確かに元気が出る風ではある。けれど、すっごく力がみなぎってくる感じではなく、どちらかというと確かな前向きさを取り戻して行くような回復力、復元力、そんな種類のパワーを感じる歌詞だなという印象。聴けて良かった!

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています