@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000
覚え書き、それはいわゆる日記的なもの。月別アーカイブもあります。

Raindrop.io Bookmarks 12/07/2022

おお!XFN、XFNじゃないか!

久しぶりじゃないか、元気にしてたか。という感じなのですけど、Ericが最近書いた記事「How to Verify Site Ownership on Mastodon Profiles」によって、MastodonXFNを活用していることを知りました。若い人たち(誰)はXFNどころかmicroformats自体、聞いたことすら無いと思うのですけど、かつて専門書の出版に携わった身としては嬉しい!!

Elon Musk氏がTwitterを買収してからというもの、Mastodonをはじめとする別のSNSへの乗り換えに関する記事を目にするのは、すっかり珍しくなくなりました。そんな折、VivaldiがMastodonのインスタンスを立ち上げたことを知り(Vivaldi Social - Mastodon インスタンス「Vivaldi Social」 | Vivaldi Browser)、私も@kazuhito@vivaldi.netっていうアカウントを(まだ活用はしてないけど)取得していました......Vivaldiユーザーですから!!そこで早速、自己紹介のページの「利用中の主なサービス」のところに

<a href="https://social.vivaldi.net/@kazuhito" rel="me">Mastodon</a>

ていうリンクを追記。そしてMastodonの「プロフィールを編集」画面にある「プロフィール補足情報」で、「ラベル」に「個人サイトにおける自己紹介」、「内容」に自己紹介ページのURL(https://kidachi.kazuhi.to/profile.html)を指定したところ......ちゃんとXFNが機能したらしく、それっぽいグリーンバックの表示になりました!!めでたしめでたし。ちなみに「プロフィールを編集」画面では、XFNに関し以下の説明がなされています:

プロフィール内のリンクの所有者であることを認証することができます。そのためにはリンクされたウェブサイトにMastodonプロフィールへのリンクが含まれている必要があります。リンクにはrel="me"属性を必ず与えなければなりません。リンクのテキストについては重要ではありません。

rel="me"、というかXFNが活用されているメジャーなWebサービスって他にどれだけあるのかしら。これを機に?使い所が少しずつでも増えてくれたら嬉しいな。

Raindrop.io Bookmarks 12/06/2022

  • The 411 on 4.1.1 -- Adrian Roselli

    "One thing I want folks to keep in mind is that WCAG is the bare minimum of accessibility and, as such, is far narrower than most practitioners (let alone users) would like. Patrick Lauke has a great talk that wades into some of the limitations of WCAG Success Criteria that I encourage folks to watch, particularly if the removal of 4.1.1 fills you with anger:"

  • How we're making Firefox accessible and delightful for everyone

    "Using a screen reader is like looking at  the screen through a straw. You're constantly moving the straw around to see different bits of the screen, one little thing at a time."

  • ACT Rules Implementation in Test Tools and Methodologies | | WAI | W3C

    "The tables on these pages show how many ACT Rules different accessibility test tools and methodologies have "consistently implemented". Each implementation links to a report with more details on how rules are implemented. See understanding ACT consistency for details."

  • Reading the meter - HTMHell

    "there are still inconsistencies and unknowns. And styling can still render the <meter> inaccessible for VoiceOver + Safari on MacOS and iOS."

  • Designing Design Systems

    "There is a theory about what design systems are and what attributes they should have to be useful. And there is a practical part where I explain each step of building a system in detail."

  • Brief Note on Description List Support -- Adrian Roselli

    "TL;DR: Description list support is generally good (with Safari being the outlier), even if you may not like how it is supported."

MG 1/100 Zガンダム Ver.2.0

進捗です

12月4日の覚え書き。来年のMG 1/100 ゼータガンダム Ver.Kaの発売を控え、重い重い腰を上げて完成させたのが、MG 1/100 Zガンダム Ver.2.0。いったい何年のあいだ、箱のまま積んでいたのだろう......発売は2005年12月23日であり、それからほどなく買っていたとすれば15年近く、積んでいたことになります。最近になってちょいちょい再販されているので、入手しやすい部類のガンプラではないかしら。

完成後のプロポーションはとても良いのですが、とにかくABS樹脂製のパーツが多く、加えて年季が入っているぶん?はめあいのキツいところはめちゃくちゃキツいので、ウェイブライダーへの変形は断念。作っている途中の時点で、MS形態で完成させてそのまま飾ることを決意しました笑。

そしてなんといっても残念だったのがデカール......わざわざ、この時のために駿河屋マーケットプレイスでガンダムデカールNo.20 MG 1/100 ゼータガンダム(Ver.2.0)用をプレ値で購入していたのに、いざ1枚目を貼ろうとピンセットで持ち上げようとした途端、ボロボロと崩れてしまって......完全に経年劣化してたわけね。

古くなった水転写デカールにはタミヤのつや出しニスでリカバリが定番らしいけど、持ち合わせておらず心が折れました。仕方なく、もともとキットに同梱されていたマーキングシールやらデカールを使うよう方針転換。水を使わない転写式は本当に苦手で、やっぱり失敗した箇所もあったけど、なんとか気にならない程度で済みました。

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています