@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

Diigo Bookmarks 12/17/2018

学歴という呪い

最近、東大にまつわる2つの記事を、興味深く読みました。

自分は、残念ながら東大を目指せるほどの好成績を修めたことはなく、偏差値的に東大より下の東北大に現役と一浪と二度に渡り振られてしまい、奇跡的に引っかかった早大理工に進学した程度。なので彼・彼女の経験談には遠く及ばないだろうと思いつつ、それでも小学5年生から受験戦争に放り込まれ、以来大学入学までの間それなりに苦労やら挫折を味わったつもりであり、わかりみが深かったです。もちろん東大を、東大を受験した人達を舐めるなんてこと、自分にはできません。

幸い、成績に関して親から暴力を受けたことはないけれど、母親の目の前で毎晩遅くまで勉強させられ、眠気に勝てずちょっとでもコックリしようものなら、すぐさま「顔を洗って来なさい」と叱られ続けたのは、小学生の自分には正直かなり応えました。加えて、通っていた塾ではちょっとしたイジメに遭っていたし、小6の夏に塾の合宿で日光に行ったのは人生で一、二を争うほど嫌な記憶となったし、結果的に中学受験では全敗したし、以下略。誤解のないよう書いておくと、母には滅茶苦茶感謝してますよ......時間は大抵、過去を美化してしまうものでね(謎

中学受験全敗後については、だいぶ前に中学〜高校時代の勉強法という記事で自分語りした通りなんですが、まぁしかし学歴ってのはつくづく呪いだなって思います。地域によって差はあるにせよ、社会全体が呪われている感じ。高学歴が、社会に出てから有利に生き延びるための絶対条件であるかのように思い込まされる呪いに。年を追うごとに、その呪いが解け始めている印象は受けるけれども、それでも学歴信仰は今なお根強く存在し、また卒業大学の偏差値を業務遂行能力と関連づける謎の傾向を感じることは、今でもあります(勤務先においてではなく、あくまで社会的な文脈で)。

隗より始めよ、故にまず自分自身にかかっている呪いを解かなければと思いつつ、実は残念ながら完全には解けていない。もちろん、自分は学歴で人を判断するようなことはしていないつもりだけど、社会全体がまだまだ呪縛にかかったままに映る状況下で、例えばそこから「いち抜けた」みたいな生き方を息子には推奨しにくい(少なくとも積極的には)。まぁ彼が中高一貫校に進学するに至ったのは、親のエゴなり上述の呪いに依るところが大きいにせよ、受験をやめたければいつでもやめていいと伝えてはいたので(僕自身が辛い目に遭っていただけに)、少なからず彼自身が考え選択した結果だと思っています。そう信ずるのもまた親のエゴであり呪いだね、と言われればそうかもしれないけれど。

Diigo Bookmarks 12/16/2018

商業弾道宇宙飛行、いよいよスタートに近づく

Virgin Galactic社がつい最近行った試験飛行で、彼らの旅客機・VSS Unityが高度80kmへの弾道飛行に成功(Richard Branson Welcomes Astronauts Home from Virgin Galactic's Historic First Spaceflight)したことが、ちょっとした話題になっています。果たしてその到達高度で宇宙飛行と呼べるのか? というのが論点らしく、FAIで宇宙の定義が見直されつつある状況と相まって、ややこしいというか面倒臭い感じになっています。その辺りの事情については、高度100キロメートルに到達しなくてもスペースシップ2が「宇宙に行った」と言える理由(秋山文野) - 個人 - Yahoo!ニュースに素晴らしくまとまっているので是非。

個人的には弾道宇宙飛行への興味......というか熱意を失って久しく、宇宙の定義が80kmから先であれ100kmから先であれ、割とどうでも良いです。南極とかバイコヌールまで行く費用、つまり100万円くらいにまで値段が下がりでもしない限り、魅力を感じることはもう無い。ただ自分がSpace Adventures社のSuborbital Spaceflightをキャンセルしてから実に10年もの月日が流れ、ようやくスタートの目処が立った事実については、感慨深いものがあります。10年ですよ、10年。盛り上がったのはもっと前だけれど、当時弾道宇宙飛行に大枚をはたいた中には、既にこの世を去ってしまった方もいらっしゃるんじゃないの。

ていうか、いつの間にかSpace Adventures社はしれっと? Suborbitalの看板を外してたんだな。全く気づいてませんでした。然もありなん、とは感じるものの、ISSに観光客を数度送り込んで以来すっかり鳴かず飛ばずだよなぁ......月周回旅行という派手な看板をぶら下げてはいるけど、それとて今やSpaceXのほうが認知度高そうだし。まぁ、担ぐ神輿を見誤るといろいろ大変だ、という教訓にさせていただきますけど(謎

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています