@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000
覚え書き、それはいわゆる日記的なもの。月別アーカイブもあります。

Diigo Bookmarks 08/15/2019

  • Tips for Portable Patterns - Cloud Four

    "In terms of portability, CSS components are often held back by being overly dependent on other components or utilities. Ideally, any one CSS component should be able to serve its basic purpose even if the rest of your project's CSS was removed."

  • The history and legacy of jQuery - LogRocket Blog

    "I think the best justification for using jQuery is that it provides comprehensive functionality for powering the front end of a website. Instead of having to learn all the various native APIs or special-purpose libraries, you can read just the jQuery documentation and immediately be productive."

  • Web accessibility for seizures and physical reactions - Accessibility | MDN

    "This article introduces concepts behind making web content accessibile for those with vestibular disorders, and how to measure and prevent content leading to seizures and / or other physical reactions."

  • Webrecorder | Homepage

    "Webrecorder is a web archiving service anyone can use for free to save web pages. Making a capture is as easy as browsing a page like you normally would. Webrecorder automatically archives the page, along with any additional content triggered by interactions."

  • Using NetInfo API to Improve Algolia's JavaScript Client - Algolia Blog

    "By leveraging the NetInfo API, we can adjust the timeout settings of the client and appropriately set timeouts based on actual network conditions that our user is experiencing, thus reducing the number of retried requests and decreasing the total time it takes for our search engine to respond with results."

  • Google Chrome Hides WWW and HTTPS:// in the Address Bar Again

    "BleepingComputer has asked Microsoft if they plan on including this change in Microsoft Edge, but had not heard back at the time of this publication."

親と子で終活に備える

終活に関する本は既に何冊か読んでいるわけですが、『親と子で終活に備える【文春e-Books】』は中でも一番金額的に安く、文字量もそれなり。「月刊文藝春秋2016年12月号」掲載の記事を再構成して電子書籍化したもの、という位置付けも多少は金額に影響しているのだろうね。ただ、文字量が少なかったから役に立たなかったかというとそうでもなく、特に葬式と実家の二点について、考えさせられるポイントがいくつかありました。まずは葬式について:

地域のつながりが希薄になったいま、見栄も世間体も退潮しつつある。葬儀を支えていたものがなくなれば、葬儀は縮小の方向に向かうのは当然の成り行きなのだ。

これは、直前にある江戸時代以降の葬式の歴史をさかのぼれば、葬式というのは、"見栄と世間体"だけで成立してきたとの指摘を受けてのくだり。確かに近所づきあい自体が皆無に近い現状を踏まえると、自分自身の葬儀というのは正直やらなくて良いように思います。死んでしまってからのことなんて、知る由もないし。どういう状況で自分が亡くなるかわからないけれど、最後の最後で身内に経済的な負担を強いるのは極力避けたいという意図もあります。その考えを究極的に推し進めると

数年前、宗教学者・島田裕巳氏が「ゼロ葬」を提起した。葬儀、お墓は不要、遺骨は火葬場で処分するというものだ。

というお話に繋がるのだけど、それで自分自身は全く構わないように思えます。だって、死んでしまってからのことなんて以下略。いや真面目な話、自分の死を悲しんだり、死後に自分の存在を懐かしんでくださる方が身内以外にいたとして、その気持ち(いや「可能性」だろうか)だけで十分、ありがたいと思うから。そして実家について:

人が住まなくなった家は、急速に劣化します。湿気のせいで畳や根太が腐って住めなくなるだけでなく、倒壊の聞き、雑草や樹木は伸び放題、衛生面や景観や治安の悪化など、いいことは何もありません。

......自分が住んでいるところは賃貸だけど、両親が今も住む実家については持ち家だから、将来に起こりうる危機的状況を多少なりともイメージし、早くから対応を考えておかなければという危機感を抱きました。その一方で

「親は、実家をどうするかという問題を直視したくない」のが現実なのです。

というのも真理だろうなと。故に、以下のくだりに賛同:

親が体調を崩してからでは、ますます切り出しにくくなります。まだ元気なうちに、理想を言えば両親が揃っているうちに、話し合っておきたいものです。

Diigo Bookmarks 08/14/2019

選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方

ブランディングのお勉強にと、Amazonで割と評価が高めだったので買って読んだのが『選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方』。なるほど、全体的に平易でわかりやすくブランドとブランディングについて噛み砕かれており、ためになりました。

情報が非常に多くなり、また個々人の体験も共有されるようになってきた現代では、一人ひとりの頭の中に、その会社のイメージや良い体験を集積し、信頼され、好かれなくてはいけない時代になってきたのです。

上記は、ブランドの重要性が高まってきたことの経緯を端的に言い表していると感じます。選択肢が多く存在すること、また個々の選択肢について知る手段なり機会があるのは、選ぶ側からすれば豊かさそのものであって幸せな一方、選ばれる側からすると超大変。提供する製品やサービスの質はもちろん、それも含めて提供元のブランドが一層、大事になってきているのだなと。というのも、

そもそも商品やサービスで圧倒的な差をつけるのが難しい時代ですし、差をつけたとしてもすぐに追いつかれてしまいます。個性が出しづらい世の中です。

という記述もあって、まぁ確かにねと。なので最早ブランディングという活動、一種の総力戦を通じてしか生き残るための道筋は見えてこない(ビジネスは戦争型から恋愛型へっていう印象的な見出しもあったけど)。同時に

お客様が自分に合った会社や商品・サービスを選ぶときは、必ずしも合理的・客観的な基準だけで判断を下すのではない

というのもポイント。選定事由、購入動機、総じて価値観自体が多様化しているので以下略。

「どんな会社でありたいのか」を定義づけ、会社のさまざまな活動にズレをなくし、お客様との多くの接触ポイントで一貫した価値提供をしていく。それによって信頼を獲得していくことが、大事になってきます。

接触ポイントもまた多様化の一途をたどっているわけですから、その界面においてブレのない一貫性をもたらすのは益々、ハードルが上がっているように思えます。自分の仕事と紐づけるなら、やはりその一貫性を担保するうえで極めて重要な役割を果たすのがデザインガイドラインないしそれに類するドキュメントで、結局のところブランディングに対する意識を高めないことには、どれだけ立派なガイドライン(デザインシステムと言ってもいい)を作ったところで画餅なんですよね......。

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています