@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

Diigo Bookmarks 05/26/2016

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

UX界隈(何処)におけるアクセシビリティの耐えられない軽さ

タイトルは適当に某小説のそれをもじっただけで、深い意味はないです。先日、神戸で催されたアクセシビリティの祭典に参加、対談「アクセシビリティとUX」に登壇したのですけど、その中で挙げられたトピックスの一つに「アクセシビリティを考えている人はUXも考えているけど、UXを考えている人はアクセシビリティを考えていない説」というのがありました。

さすがに考えていない人はいないと思うものの(煽り過ぎ?)、UXデザイン絡みの書籍や記事でアクセシビリティに言及しているものは、全体からするとやや少ないように感じます(あくまで自分の狭い観測範囲で、という予防線は張っておきます)。統計的な調査結果なんて無いと思いますけど、仮に実態がそうであったとして、考えられる理由を想像するに

  • アクセシビリティの重要性は認識しているが、UXは主語として大きい部類であり、スコープないし粒度的に取り上げにくいので、話に出せない
  • 優れたUXにとって、UIのアクセシビリティが重要であることは、自明すぎて語るまでも無い
  • アクセシビリティはUXと関連しないと考えているので、話に出さない

といった辺りでしょうか? 本当は神戸で、その辺りを村岡さんやミキさんと一緒に掘り下げたかったです。アクセシビリティはUXと関連しないと考えている専門家は存在しない、いや存在して欲しくないと個人的には思いますが、どうなんでしょうね。UIがアクセシブルであるということは、優れたUXの必須要件、言わば大前提であると思うのですけど。

「UX界隈(何処)におけるアクセシビリティの耐えられない軽さ」の全文を読む

Diigo Bookmarks 05/24/2016

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

7月8日の晩に大阪でAccTalk

やります、というお知らせです。何せまだ先の話ですし、これを読んで実際に「よし参加するぞ」って思う方がどれだけいらっしゃるかは非常に疑問ではあるのですけど、ひとまず忘れないうちに覚え書きしておきますね。AccTalkとは何かと言いますと、一言で言えばアクセシビリティに興味のある人が集まって飲んだり食べたりする会なのですけど、内容を公式サイトから以下引用:

食べて飲んでお話するだけです。アクセシビリティの話じゃなくても構いません。もちろん、アクセシビリティの話がしたいとか、質問がある、という方も大歓迎です。エキスパートの方がいれば、いろいろ答えてくれることでしょう。たぶん。

かつては割と定期的に都内で催されていたのですが、現状はというと公式サイトの更新状況から推して知るべし。ともあれ、その「ゆるさ」もまた大事な要素だったりすると思うので以下略。前回4月に大阪に行った時には、東京でAccTalkを開催していた時にご一緒していた@masup9さんと二人で、事前告知こそしなかったもののAccTalkぽいことを加美屋でやりました(時間帯的にだいぶおかしかったのですが)。

でまぁ、また同じお店でビールが飲みたいなと思い、7月8日の晩は加美屋の近くに宿を取っていますので、今度は正式に?AccTalk@加美屋ができればと。参加希望者がいらしたら、6月中にTwitterなりSlackのA11YJ Teamにある#acctalkチャンネルででその旨教えてくだされば、人数にカウントします。万が一、人数が多くなるようだったら、加美屋は二次会の場所ということにして、別のお店でやるかもしれませんけど。

ちなみに翌日の7月9日ですが、特に予定がないので、大阪やその近くでWeb系のイベント(何)があれば参加したく、ご存知の方がいらっしゃれば教えていただけると幸い(緩募)。D2DRAFTの勉強会が奇遇にしてその日に予定されたりすると嬉しかったのですけどね。まぁ、何もなければないで、折角だからいまだ生で見たことのない太陽の塔でも拝んでから東京に帰ります。

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています