覚え書き

Diigo Bookmarks 05/04/2015

  • "The ultimate goal of any CSS is to style the intended element with selectors that do not introduce side effects to the rest of the code base. Seemingly a simple request, but on large projects that lack structure or guidelines this task can lead to some pretty ugly usage of CSS."

    tags: css

  • "SwiftKey users type everything—texts and tweets and Tinder messages—with the app, so the company can examine public and private emoji usage. The developer says all analysis occurred in aggregate on anonymized datasets taken from its web-hosted predictive typing service, SwiftKey Cloud."

    tags: emoji

  • "The spec has changed, and sizes is no longer optional when using srcset and w descriptors."

    tags: html image

  • "Mention @alt_text_bot in a message or retweet that has an image attached, and you'll get a reply with a text description. Alt-Bot uses APIs from Twitter and CloudSight to retrieve and transcribe images in Tweets."

    tags: accessibility twitter

  • "Unfortunately the challenge involved in meeting the task of ensuring total browser compatibility often leads to designers forgetting to ensure total user compatibility."

    tags: accessibility

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

ユーシン渓谷

玄倉ダムの美しいエメラルドグリーンの水の色

5月3日の覚え書き。つい数日前までは名前すら知らなかったユーシン渓谷に、独りハイキングに行ってきました。天気も良さそうだし、ゴールデンウイーク中にどこか山歩きに行きたいなぁと思い、書店でそれ系の本を立ち読みしていて知ったのがきっかけ。ヤマレコで実際に行った方のレポートを読むうち、自分も玄倉ダムや熊木ダムの水の色を確かめに行きたいと思ったのです。唯一の懸念はヒルに襲われないだろうか? ということだったのですけど、どうも地理的にも時期的にも杞憂だったみたい。写真はYushin Valley 2015 - an album on Flickrにまとめました。

  1. 3時半に目覚ましをセットしたけど順調に二度寝して4時に起床。4時半過ぎには家を出発。
  2. 新宿から5:31発の小田急の急行で新松田へ(片道780円)。座れたけど、最初の2駅くらいのあいだ隣のDQNカップルがつらかった(謎
  3. 7時前に新松田に着くのであわよくばそこで朝食を、と思ったけれどバス停には既に長蛇の列ができてたのでキャンセル。
  4. バスは往復の券をあらかじめ買っておくと少し安い、と列の前のご夫婦に教わり玄倉まで購入(1640円)。
  5. 7:20発の西丹沢自然教室行きのバスで座れてラッキー。車内は平日朝の山手線並みの混雑ぶり。
  6. 富士山を車内からちらちらと眺めつつ、後半はあまり記憶にないw 途中、渋滞ぽい箇所もあって1時間近く乗ったかな?
  7. 玄倉で降りたのは10人ぐらいだったか。すぐ後に来た、7:30発と思しきバスからも同じくらいか。
  8. 玄倉バス停でトイレを済ませ、軽く柔軟してから歩き始める。
  9. あまりラップ取らなかったけど途中休憩無しで境隧道に9:30、玄倉ダムに9:50、休業中のユーシンロッジに10:40着。
  10. ユーシンロッジでトイレと早昼飯を済ませ、さらに奥を目指す。熊木ダムに11:20、そして今日の折り返し地点としていた熊木沢出合の橋に11:25着。
  11. カロリーメイトで小休止してから、復路へ。途中、行きには気づけなかったけれど滝の側まで降りれる場所を発見。看板も何もないのつらい。
  12. 13:30にダムの放水があるとかで、けたたましいサイレンの音も聞けた。
  13. 玄倉バス停には13:45着。14:26発のバスに乗れると思って歩いてきたけど、7月19日~8月31日および12月8日~3月13日は運休で、次のバスは15:06発。
  14. しかも、丹沢湖ビジターセンターて今年の3月末で閉まっていていけない。幸いイーモバイルの電波は入ったので、メールやフィードをNexus 7で消化し時間つぶし。
  15. 15:06発のバスは席に余裕があって座れた。新松田には16:50着、16:53発の快速に乗車。新宿まで立つかと思いきや、渋沢で座れた\( ^o^ )/
  16. 予定より帰りが遅くなったけど、18時前には帰宅。

水の色は確かに美しく堪能したのだけれど、ハイキングコースとしてはちょっと退屈過ぎたかな。もう少し川のそばを歩けたなら、良かったんだけど......高低差が無いコースなぶん、逆にこうダラダラとした印象を強く抱いてしまって、ちょっとつらかったです。とはいえ、先日の高尾山に次ぐ今シーズン2度目の山行(と呼べるものでも無かったけど)としては良い運動になって満足。

Diigo Bookmarks 05/02/2015

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

障害者の読書と電子書籍

5月7日に開催が迫るイベント「ウェブから学ぶ電子出版の可能性~多様な読書スタイルを考える~」に向けた準備の一環で、『障害者の読書と電子書籍』を読みました。電子書籍についての本が電子化されていない(少なくともKindle化はされていない)というのはどうなんだろうとは思ったけれど、なにぶん時間がなかったので紙のものを購入。普通の本より本文の文字がいくぶん大きめなのが、割とすぐに気づく本書の特徴かな。それが障害者への配慮の一環かどうかは分からないけれど。

本書は、節ごとに異なる方が執筆しているためか、読み進めるうちに微妙に内容というか主張の重複、冗長さを感じました。それでも、サピエやテキストデイジー/マルチメディアデイジーについて以前よりも詳しくなれたし、国内法とのかかわりについては特に勉強になりましたね。個人的に印象的だったくだりをいくつか抜き出してみると、教科書に関するものや末尾の対談からのものに偏っていますが:

  • 視覚障害以外に、見えているのに読むことに著しい困難を抱えている読み障害のことはあまり知られていない
  • 障害児童生徒向けデジタル教科書に対して今日まで何ら公的予算措置が取られていない
  • 教科書として選定されると一定部数以上の販売数が確保されるため、出版社に対して電子データの提供という負担を課すことも受け入れられやすい
  • 読むことは「生きること」
  • 文字の読み書きがすべての国民にとって障害の有無や身体的条件その他の要因にかかわらず社会に積極的に参加し、人生をより深く心豊かに生きる上で欠くことのできないもの
  • 読書が困難な人に対する新しいサービスを開発することは、実はわれわれ晴眼者にとっても非常に便利なシステムがたくさんできることになります
  • 出版社がちゃんとした、ユニバーサルデザインに基づいた、誰でもがアクセスできるデジタル図書を出していただければ自炊は必要ではなくなります
  • 出版社から優良なユニバーサル版が出た場合、全国の図書館に普及していけば、出版社のイニシャルコストは賄える

といった感じ。このあたりの事実なり考えも踏まえて、7日のイベントに臨みたい。ちなみにイベントは障害者に特化したものではないのですけど、視覚や身体に障害があったり、あるいは学習障害等から文字が読めない・読みにくい方向けに読書体験を提供するいち手段としての電子書籍、というのは確実に多様な読書スタイルの範疇。折しも、5月16日には日本出版学会の2015年度 春季研究発表会・総会が催され、そのなかで「出版物のアクセシビリティ――出版の立場から議論する」というセッションがあるそうで。アクセシビリティという切り口から電子書籍のあるべき姿、将来像を模索する試みが盛り上がりつつあるのかしらね。

あと完全に余談ですけど、オーディオブックについての節を読みながら、人気のある声優さんの読み上げを録音したオーディオブックなら、障害の有無に関係なくニーズがあったりしないかなぁと思ったり。僕はあまり詳しくないですけど、声優さんのファンてすごく多いイメージがあって(鳥人間のパイロットでも......)、うまくビジネス化できればオーディオブックの充実、特に新刊本の音声化のスピードを上げるみたいなこともできるんじゃないかなと思ったのですが、そこまで話は単純でもないですかね。

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き