@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

D2D アクセシビリティ勉強会 最終回 ~HTMLをコーディング~

京都小旅行の続き、8月30日の覚え書き。天候が不安定なこともあって午前中は特に観光もせず、だらだらと三条大橋のたもとのスタバで過ごし、11時ちょうどに河原町から梅田に向かう特急に乗って大阪へ。JUSO Coworkingで開催された、D2D アクセシビリティ勉強会 最終回 ~HTMLをコーディング~に参加しました。数は多くないですけど、関連するつぶやきはD2D アクセシビリティ勉強会 最終回 ~HTMLをコーディング~ - Togetterまとめにまとめてあります。

今回のテーマは、過去の回で議論されたD2Dの公式サイトのデザイン案につき、実際にCMSに組み込む想定でマークアップを作成するというもの。@milk54さんのイントロダクションに続いて、@SawadaStdDesignさんがマークアップを考えるうえでのポイントなどを解説(資料が既に第7回 D2D アクセシビリティ勉強会資料「D2Dサイトをアクセシブルにマークアップ」で公開されています)された後、A〜Cの3グループに分かれて作業。その後、それぞれの成果物を披露し合いながら自由討論という流れでした。

僕はグループAに参加。自己紹介し合った結果、やはりというか自分が(マークアップにしろWebアクセシビリティにしろ)一番経験が多いっぽかったので、あまり自己主張を強くし過ぎて他の方の学習機会を奪ってしまったりしないようにしなければと思ったものの、その辺りのバランスを取るのは難しかったですね。とはいえ、Gitを介した共同作業は楽しかったし、発表タイムを通じてもいろいろ考えさせられることがあり、勉強になりました。最後に解答例が提示され、そこでまた議論をしたのですけど、他のグループの成果物も含め、自分が気になった論点としては概ね以下の点に集約されるかなと思います:

  • 全体的な文書構造、特に何が見出しで何が見出しではないか、見出しであればそのレベルは何にすべきか。具体的には「関連記事」の見出しレベルや、「D2Dとは」直後にある「ウェブのテクニカルな内容と」に始まる一文を見出しとみなすべきか。そしてキービジュアルをメインコンテンツ(=main要素内容)に含めるべきかどうか。
  • headerやmainといった要素は使用するにせよ、それぞれに対して意味的に冗長になることやW3CのValidatorでWarningが出ることを是としてでもランドマークロール(role="banner"やrole="main")を指定すべきかどうか。このあたりは対応する閲覧環境に関する議論を掘り下げる必要がありそう。
  • いかに運用を見通したマークアップを実現するか。グループCのマークアップにあったような、Area_01のようなid属性値は破綻しやすいし基本的には避けるべきではあるけれど、本来であればもう少し公開後における、わかっている範囲での運用に関する見通しなり情報が欲しいところ。
  • time要素を使うべきかどうか。ヒューマンエラーの入り込む余地を避けるなら、CMSが自動的かつ機械的にdatetime属性を挿入して欲しいけれど、そういう前提があるかどうか。
  • これはアクセシビリティとかマークアップの話から少し外れるけども、別サイトへのリンクであることを示すアイコンは本当に必要なのかどうか。デザイン的に、別フレームに開くという意図と紛らわしいですし......ちなみに解答例では、代替テキストにアイコンが視覚的に表現している以上の情報が含まれていますが、少なくともその点は好ましくないと感じます。
  • いわゆる〼問題(キービジュアルの「ここにあり〼」という記載をどう実装するか)について。グループAでは判断つかず、結論先送りにしていました。SVGとか画像でーといった話は出ましたけども、何がベストかはCSSを書き始めてからの「行ったり来たり」を通じた見極めが必要でしょうと。個人的には素直に「ここにあります」にしましょうよって思ったけれど、その茶目っ気がプロモーション上必要不可欠な場合、悩ましい。
  • All Rights Reserved.、要らなくない?(余談

結局、予定を1時間もオーバーするほど盛り上がってお開き(というかオーバーさせてしまった張本人だったと思います、申し訳ありません)。どのグループのマークアップをD2Dのサイトで採用するか多数決ではまとまらず、グループAとCの両方の成果物から「いいとこ取り」をするということになりました。本当は懇親会にも参加したかったのですが、翌朝が早いことを踏まえ麺活ともども断念。新大阪から乗ったのぞみ410号の車内で一人打上げをしました。参加者の皆様、特に@milk54さんと@SawadaStdDesignさんのお二人には大変お世話になりました、ありがとうございました。D2D アクセシビリティ勉強会は今回の最終回で一区切りつくとはいえ、これからも関西で何かしらWebアクセシビリティ関連のイベントが細く長くでも続いていくといいなぁと思います(し、そこは@milk54さん&@SawadaStdDesignさんのお二人に勝手に期待)。

「D2D アクセシビリティ勉強会 最終回 ~HTMLをコーディング~」の全文を読む

Diigo Bookmarks 08/31/2015

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

Diigo Bookmarks 08/30/2015

Posted from Diigo. The rest of my favorite links are here.

京都小旅行

マグリット展 会場ポスター

8月28日〜29日の覚え書き。国立新美術館での開催中に見に行けなかったマグリット展京都市美術館で10月12日までやっているあいだに何とか行きたいと思っていたのですけど、それ「だけ」のために関西まで足を運ぶのは微妙に辛く感じていました。しかし8月30日に大阪でD2D アクセシビリティ勉強会の最終回があることを知り、そちらへの参加と合わせて京都・大阪に出向くことを急遽決意。8月28日の午後を、取っていなかった夏季休暇扱いにし(といっても16時まで会議に出ていたのですが)、京都へ向かうことにしました。

8月28日

  1. 東京駅から新幹線のぞみ395号に乗車。始発だけに、自由席でも余裕で座れる。
  2. 19時半過ぎに京都駅着、四条駅まで地下鉄で2駅分乗車。そこから歩いて新宿めんや風花 本店へ。
  3. いただいたのは天然塩らーめん(大)。若干、太麺、塩味はそれほど濃くなくて、控えめな感じ。
  4. そこから歩いて9h nine hoursへ。人生初のカプセルホテル、いろいろ新鮮で面白い。
  5. 囚人服ぽくてテンション上がる。の写真がFacebookのほうでめっちゃ「いいね」付けられて、微妙な感じw

8月29日

  1. 5時くらいに起床。6時にシャワーを浴びて身支度をし、7時の開店を狙ってイノダコーヒー本店へ。
  2. 予想以上の客の入り。中庭の見える、6人掛けのテーブルに(一人だけなのに)案内されて恐縮。
  3. モーニングセットが魅力的だったけど、ぐっと我慢してフレンチトーストとアイスカフェオレ。
  4. お洒落な空間とインコの鳴き声を堪能して、京都市美術館へ。すごい長蛇の列に一瞬焦ったけど、ルーヴル美術館展の行列でした。
  5. マグリット展はそれほど混んでなくて、じっくり見て回ったつもりでも1時間しか経ってなかったw 記念に図録を買ったけど重い......。
  6. お昼を食べるには早い時間なので、三条大橋のたもとのスタバに行き、コーヒーフラペチーノを飲みつつしばしPCに向かうなど。
  7. 昨夜に続く麺活@京都第二弾、は来来亭 河原町三条店。数量限定の葱ラーメンをいただく。
  8. さらに西へ歩いてTOHOシネマズ 二条へ。14時15分からの回で、映画『わたしに会うまでの1600キロ』を鑑賞。
  9. 今度は東に歩いて、元同僚の事務員さんと合流。まんざら亭 NISHIKIHello Dollyフランソア喫茶室と飲食やら四方山話を堪能。
  10. ホテル本能寺に着いたのは22時半過ぎ。よく歩いたし汗もかいた一日だった......だって盆地のせいか湿度が高いんだもの。

過去の覚え書きについては月別アーカイブからご覧ください。

現在地:ホーム > 覚え書き
Google カスタム検索を利用しています