@kazuhito
Kazuhito Kidachi's Personal Web Site Since 2000

覚え書き

Re: 夢

鳥人間コンテスト&人力飛行機ファンサイトを名乗るTriManiaX、いまだに正式名称が「TriManiaX」なのか「ToriManiaX」なのかよくわからない(トップページのmeta要素には双方が見受けられるものの、別のページに移動すると「ToriManiaX」だけ、しかしtitle要素には一貫して「TriManiaX」、そしてURLの一部にはtrimaniaxとあります。にもかかわらず各ページのヘッダ画像には「ToriManiaX」の文字が)。(2008-06-09追記:コメントにて正式名称は「TriManiaX」とのご連絡をいただきました。)それはさておき、2chでそのいちコンテンツであるひとりごとが取り沙汰されていたので、ちょっと読んでみました。どうやら物議を醸しているのは6月7日付のOBというタイトルが付けられた内容で、2ch上ではマニアぶっちゃけ過ぎ自重しろwwwwwとか、先輩風ふかせた口出しでチームの雰囲気をぶち壊す最悪なOB、どこにでも居るんだね・・・などと書かれています。それ自体には特別の感想を持たないのですが(この手の現役とOBのあいだに往々にして生じる意識の差は別に珍しいものではない)、僕が気になったのは6月3日付で書かれたというタイトルの記事に書かれていた内容。

で,大会や賞を目指すわけではなく,誰でも乗れるような機体を作りたいなと思ってるんですよ.自分はもちろん,体力の無い女性とか,体の大き目な人とかでも乗れるような機体.性能も上を求めないで,飛行場でパイロット交代しながらTFを楽しめれば十分って機体を.イメージとしてはAirglowに近いかな.

これは実際問題として、僕がかねてより思い描いている(妄想している)構想?にかなり近いですね。つまり純粋にスカイスポーツとして人力飛行を楽しむための機体、という意味において。こと試験飛行時の人数の少なさに関していえば、かつてSeattleでPaulやWayneが一緒に人力飛行機を作っていた頃のことを聞き知って以来、実現したい目標?の一つであります。機体性能を熟成させる途中段階においては相当難しいとは思いますけど、いったんそこを煮詰めてしまえば、かなり人数は減らせるのではないかと。とにかく記事を読んで、世の中に同じようなことを考えている人っているものなんだなって、改めて思い知りました。ちなみにAirglowは昔、1998年にはるばるイギリスまで見学に行ったことのある人力飛行機ですが、驚くべきことに一番最近では2007年にもフライトしたと、同じ記事のなかで書かれていました。僕が見学した当時もその保存状態の良さ、今すぐにでも試験飛行に持ち出せそうな印象に感動させられたものですが、つい一年やそれぐらい前にも飛ばしていたんですねぇ(飛行目的は不明ですけど、何のためだろう)。(2008-06-09追記:コメントにて、Airglowが2007年にも飛行していた、というのは誤解だったとのご連絡をいただきました。)

まぁ、とりあえずTriManiaXの管理人さんには、サイト名称の明確化、更新内容のフィードによる提供、各記事の固定リンクの提供、の三つをお願いしたい感じです。(2008-06-16追記:既に固定リンク、フィードともに提供されています。対応ありがとうございます!)

現在地:ホーム > 覚え書き > 月別アーカイブ > 2008年6月 > Re: 夢
Google カスタム検索を利用しています